21.Jun.2013
by Shinkichi Mizutani
DSC_1432

丸の内朝大学

「朝活」の先駆けともいえるのが、「丸の内朝大学」。

縁あって、5月下旬から1カ月間、講座を持たせていただきました。

その名も「アーバン木こりクラス」。

丸の内で出勤前に森林のことを学ぶのがメインですが、目玉はフィールドワーク。

岩手県住田町で林業を体験し、LIFE311で関わらせてもらっている町内の木造仮設住宅に立ち寄り、被災地を見学。

そんな座学とフィールドを織り交ぜた講座です。

岩手のフィールドでは木こり体験。

P6010183.JPG

仮設住宅では、入居者の方との座談会も。

P6020257.JPG

そして陸前高田市の被災地を見学

P6020264.JPG

それらの体験をもとに、東京に戻った後の残りの回ではどうやって「都市と森をつなぐ」か、アクションプランを練ってもらいました。

最終回では各グループの発表。どれも個性的!

新聞を発行して、山村の現地情報を都市に伝えるプランや、マーク(ラベリング)を発行して、企業からの使用料を森に還元するプランなど、多岐にわたっていました!

DSC_1520.jpgDSC_1522.jpg

そして最後に記念撮影!

__.JPG

ちなみにボクが勝手に定義した「アーバン木こり」とは、

都会に暮らしながら、森のよき理解者であり、

都市と森をつなぐ架け橋を担う人

です。

more treesはずっとこのコンセプトで活動してきたわけだし、これまでの活動を通じて得られた知見を皆さんと共有できたら、という意図が込められています。

なのでこのクラスは、当初から決して林業のプロを養成する目的ではありませんでした。

(何より自分がチェーンソーも年に数回程度しか握らないわけで。。。)

とまぁ偉そうに講師を務めさせていただいたわけですが、自分自身も朝大学は初めてなわけで、カリキュラムを組むのはちょっと手探りなところもありました。

受講生の方の反応をみながら、次の回の資料をちょっといじったりとか。

何より、金額に見合う満足度が得られたなら幸いです(#^.^#)

そしてこれからのアクションに活かしてもらえればなお嬉しいですね(単に知識を得るだけでは意味がないので)

ちなみにボクは早起きがとても苦手(というか嫌い)。

朝7:15から授業を受ける、受講生の方のモチベーションには頭が下がります!

そして一度も遅刻しなくてヨカッタ(寝坊したらシャレにならない。まさか「休講」になるわけでもないし。)

何より、来週から金曜の朝に5時起きせずに済むし、木曜の夜は深酒できるゼ

!(^^)!

さてこのクラス、果たして秋や来年は存続されるんだろうか。。。

事務局と相談してみようかなw

 

水谷 伸吉

Comment(1)

  1. That’s way more clever than I was exetipcng. Thanks!

    - Mariko

コメントする

名前*
コメント(スタイル用のHTMLタグを使用できます)

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。