05.Apr.2012
by Shinkichi Mizutani

ポータルサイト?ハブ?総合商社?

久々にブログを書いてみました (^^;)
(普段、twitterや「ソトコト住育」のコラムなどちょいちょいアップしてはいますが。。。)

今回はちょっとした頭の整理として。

常々、「都市と森をつなぐ」というテーマで森づくりと地域おこしを目指すのがmore treesのミッションの一つ。つなぐためには森の恵みを都市に供給し、その対価を森と地域に還流させるサイクルが必要。

では、「森の恵み」とは何だろうか?

森にはさまざまな恵み(機能)があります。

生き物を育む(生物多様性)、CO2を吸収・固定する、水源涵養、洪水の緩和、土壌の保全、、、
それに木材をはじめとする林産物を供給する(物質生産機能)だって立派な恵みです。
(ちなみに木材以外の林産物:たとえばキノコ、ハチミツ などは「非木材林産物」と呼ばれています)

堅苦しく言うとそんな具合ですが、もっとシンプルに考えると

・木製品 ・水 ・木の精油 ・グリーンツーリズム ・紙 ・シカ/イノシシ ・薪、炭、ペレット ・ニホンミツバチ、、、

森の恵みって沢山あるんですね。

これまで取り組んできたカーボンオフセットや、国産材を利用した製品づくりは、すべて「森の恵み」を都市に伝える取り組みであって、オフセットクレジットや木製品は、森と都市をつなぐための媒体だととらえています。

こうして森にまつわる媒体を整理しつつ、アウトプットの分野ごとにわけたうえで more trees ~ と勝手に名付けてみました (^^;)

more trees product  (木製品)
organic  (木のエッセンシャルオイル(精油)を使ったコスメ)
paper  (国産材を活用した紙)
leather  (シカ革、イノシシ革を活用したファッション、小物)
honey  (ニホンミツバチのハチミツや蜜蝋)
travel   (森を旅するエコツーリズム、グリーンツーリズム)
water  (水)
gibier  (シカ肉、シシ肉などのジビエ料理)
energy (ペレット、薪としての利用)
fair trade (熱帯林などの林産物)

あくまで書きだしただけで、必ずしもすべてやるわけではないのであしからず。。。
とはいえ、productは既に動いているし、”more trees organic”は間もなく立ち上がります。

mt_ 0028-2.jpgのサムネール画像のサムネール画像
これはヒノキの精油を配合したフットオイル。

ちなみにleatherもエゾシカの革のテストなめしを進めています。

こうして整理してみると、何かに似ていることに気づきます。。。
そう、googleやyahooが ”google map” “google カレンダー” “yahoo トラベル” “yahoo ニュース”といった展開をしている、いわゆるポータルサイト。

これになぞらえるのはおこがましいかもしれませんが、ポータルと考えると整理がつきます。
いいかえれば「ハブ」であり、「森の総合商社」といったところでしょうかw
(余談ですがそういえば以前、某代議士が国会で「あなたは疑惑の総合商社だ!」と言われてましたね)

とにかく、こうしたさまざまなツールを媒体として、色んな切り口でつなげていければと改めて思います。
けど欲張らずに一つずつやっていこう。

何せ人員もコストも限られているわけなので (^^;)

水谷伸吉

コメントする

名前*
コメント(スタイル用のHTMLタグを使用できます)

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。