02.Mar.2010
by Shinkichi Mizutani

栄華の余韻

智頭で立ち寄った一つに、「石谷家住宅」があります。

石谷家は塩問屋や林業で隆盛を極めた、智頭の名士。その石谷家の邸宅が国の文化財にも登録されています。

RIMG0114.JPG

この邸宅、とにかくふんだんに木材を使っている。

智頭といったらスギが有名ですが、この家ではスギはわずかで、ケヤキやクリなどをかなりふんだんに使っています。

とにかくスケールの大きさに仰天。

と同時に、かつて林業がどれだけ地域を潤し、山持ちが富豪だったのかも推し量ることができます。

時間の関係でさわりしか見れませんでしたが、是非改めてじっくり見たい場所です。

こうして智頭のいろいろな場所を1日で回りましたが、かなり魅力的なところだということはよくわかりました。

何よりも人が前向きだし思いが熱い。町長はじめ行政の人もそうですが、財産区やNPOの人たちも、J-VERのことをかなり研究しているし、それをきっかけに林業を活性化したいと真剣に考えているんです。

また行きたい場所が一つ増えました。

ちなみに智頭の人は、関東の人にまず地名を知ってもらいたいとのこと。

林業関係者にとっては「智頭(ちず)」は浸透しているが、確かにそうでない関東の人にはピンとこないかもしれない。

関東の皆さん、智頭をおぼえてね。

 

水谷伸吉

コメントする

名前*
コメント(スタイル用のHTMLタグを使用できます)

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。