20.Feb.2009
by Shinkichi Mizutani

フィジー 番外編

フィジーより帰国しました

調査の中で、面白いものを見かけたのでちょっとご紹介。

これは森林省の入り口に張られていたステッカー。

「NO SMOKING」のしたに

「YAQONA DRINKING」の表示が。

YAQONA(ヤンゴナ)はKAVA(カヴァ)ともいわれ、ショウガ科の根を粉末にし、それを水で抽出した飲み物。

こちらでは一般的な飲み物(嗜好品)らしいです。

ちなみにカヴァは現在でもさまざまな儀式に用いられていて、僕らが村に立ち入る際にも村の長(ラトゥ)らがカヴァでもてなしてくれました。

これはタノアという木の器で、布に入れたカヴァの粉を水で抽出しているシーン。

見たところ泥水のようです。。。

水は一応「fresh water」といってましたが、はたしてどうか・・・

これを、車座になってまずは客人にふるまい、立ち会った村人にも回っていきます。

原則として一気飲み。もちろん拒むわけにもいかず、ワタクシもトライ。

決してマズいわけではないですが、ちょっと泥っぽくて、なんだか漢方みたいです。飲み終わった後に舌に若干刺激が残ります。

鎮静作用があるそうですが、特に実感はありませんでした。

ちなみに、フィジーでは18歳未満はカヴァを飲んではいけないそうです。

 

水谷伸吉

 

コメントする

名前*
コメント(スタイル用のHTMLタグを使用できます)

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。