13.Feb.2009
by Shinkichi Mizutani

フィジー

今日からフィジーに来ています。

マングローブ植林の案件調査のためです。

早朝、空港に到着すると、車をチャーターし、町で必需品を購入しつつ、

空港から1.5h程度南の村、ロマワイへ。

ここは以前、とある組織がマングローブ植林をした場所だという。

しかし、生育はかなり思わしくない。

樹種が合わなかったのか、塩分濃度の問題か、はてまた・・・

原因の解明は、今後のためにも必要です。

DSCF3435.jpg

ふと足元を見ると、おびただしい数のシオマネキが!

シオマネキは、片方のハサミだけ異常に大きいカニ。

アップで撮ろうと近づくと、すぐに巣穴に隠れてしまいます。

この光景が延々と続いているのは、ある意味壮大。。。

その近くでは、国際的NGOがつい最近植えたというマングローブを確認。

決して大きな面積でなかったので、おそらく試験的に植えたんでしょう。

DSCF3428.JPG

フィジーはサトウキビの栽培が盛んで、製糖業は今も貴重な外貨獲得手段だという。

村には収穫したサトウキビを運ぶためのレールが縦断していました。

村を貫く川は、延々と海まで続いています。

明日はボートをチャーターして、河口付近の植生を確認する予定です。

 

フィジーはいま雨季。

晴れていたと思ったら、突然のスコールに見舞われることが今日一日だけでも3回はありました。

それでも子供は笑顔。

 

 

コメントする

名前*
コメント(スタイル用のHTMLタグを使用できます)

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。