森を活かすプロジェクト

more trees オリジナル商品

more trees オリジナル商品

概要

日本は国土の7割が森林です。うち4割は人の手によって植えられたスギやヒノキ、そしてマツなどの人工林です。人工林は、人の手が入らなければ森としての機能を失っていきます。適切な間伐、整備が欠かせません。もちろん伐った木を捨てるわけにはいきませんから、木を使うマーケットが存在しなければサイクルが完成しません。日本は年間に相当数の木材を使用していますが、なんと木材自給率は3割を下回っています。必然的に林業は廃れ、森は荒廃しています。国産材マーケットの活性化は、日本の森を守るための喫緊な課題です。

more treesはこうした状況の啓蒙と、国産材活用の道筋を研究する一環として、国産材プロダクト開発に取り組んでいます。私たちは、巨大なメーカーでもありませんし、工場や職人を抱えているわけでもありません。しかしながらmore treesの森の周囲には、伝統的な技術を育んできた地域がたくさんあります。そして、都市とのつながりの中には企業やデザイナーがいます。こうした2者をつなぐために、そして自分たちが木材活用を学び取るために、more treesオリジナルプロダクトが生まれました。収益は次の製品開発やmore treesの森づくりに活用しています。

more treesプロダクト オンラインストアはこちら

スキーム