ポイントで森とつながるのニュース
2015.02.13

木材利用ポイント 環境寄附を活用した活動報告

more treesは、木材利用ポイントの環境寄付対象団体に選定いただいております。

この度、木材利用ポイント寄付開始時点平成25年7月から平成26年4月迄に、
寄付金として413,451円をいただきました。

今回の寄付金を活用し、日本の森を元気にするさまざまな活動に役立たせていただきました。平成26年において実施した主な活動をご報告いたします。

<オフセット事業について>
高知県中土佐町の宿泊施設「黒潮本陣」において宿泊の際に使用する電力に伴うCO2を四万十川流域の人工林の森林整備の実施によりオフセットする取り組みを新たに実施いたしました。
<啓発事業について>
啓発事業として協定を結ぶ地域とのネットワークを活かし、森を感じるツーリズムの実施や幅広い年代の方に森林・林業を身近に感じていただけるようなワークショップを開催し、日本の森や世界の森の現状、役割など、より理解を深めていただくよう努めました。
<新たな取り組み>
東京都内の店舗やカフェなどに国産材を使用する空間プロデュース事業をスタートし、国産材の積極的利用を推進しております。その他、木材以外の森の恵み(葉から抽出した精油、ハチミツ、ミツロウ、シカ革)などにも着眼し、素材を活用した商品(コスメ用品、アパレル用品など)への材料供給にも取り組んでおります。

今後も「都市と森をつなぐ」をテーマに、森を身近に感じていただけるような活動を進めてまいります。

ご寄付いだきました皆様、心より御礼申し上げます。

関連プロジェクトに戻る
このプロジェクトの法人の他のニュース